僕は、半年間にわたって
「コーチングキャラバン」という番組で
高田高校女子バレー部をを追いかけてきました。

高田高校の選手たちは、
本当にバレーボールが好きで、
監督やコーチから
「レシーブ拾えねえなら帰れ!」
「チームに迷惑だ」など
どんなに厳しい言葉を浴びせられても
泣きながら必死にボールにくらいついていました。
やはりそれぐらい優勝したいっていう
思いが強いんですよね!!

そして迎えた春高バレー県大会、決戦の日、
準決勝の相手は盛岡女子
なんとか勝ってほしいと祈るような思いでいました。
もう心臓はばくばく

一方、試合前の選手たちの表情は気力が充実していて
頼もしさがうかがえました。

これまで高田高校の選手たちは、
うまいけど、プレーから気持ちが伝わってこなかったんですが、
この日は、絶対にボールをあきらめない!!
絶対に決める!!そんな気持ちがビシビシ伝わってきました。
しかし、相手の盛岡女子もやはり
この日のために練習してきただけに手ごわかった。
高田高校は惜しくもセットカウント2対1で敗れて
全国大会出場の夢は断たれてしまいました。

彼女たちの苦労を見てきただけに、
本当に勝たせてあげたかったです。

でも、高田高校の選手たちはいい試合をしたと思います。
次のインターハイを目指して頑張ってほしいです!!
画像の確認