先日、宮古市魚市場の
買受人さんたちの飲み会に参加してきました。
ただの飲み会ではありません。
私的には、
宮古で一番ぜいたくな飲み会と
言っても過言ではないでしょう。
何せ買受人さんたちが
思いっきりぜいたくをしようと
とびきり美味しいものを
毎回持ってきてくれるんですから。
CA3A0078
今回は、まずお刺身です。
ヒラメにマグロ、それにカツオです。
この時期のヒラメが
脂がのってて一番おいしいそうです。
本当にその通り脂がのってて
身に甘味がありました。
CA3A0077
そして、いくらたっぷり紅葉漬けです。
ただの紅葉漬けではありません。
鮭ではなくオオメマスなんです!!
鮭に比べて脂ののりがすごいから
漬け込んでもなかなか
タレがしみ込まなかったということでしたが、
脂ののったオオメマスを
いくらと絡めて食べると
さらに濃厚な味で
かといって、魚なのでしつこさもなく
絶妙な味でした。
買受人さんいわく
『これは高すぎて絶対
店では売れない代物』だそうです。
CA3A0080
そして、最後の締めは鍋です。
こちらも珍しいものです。
卵たっぷりだんご魚(別名布袋魚)の鍋なんです。
北海道では、最近
コラーゲンたっぷり
縁起のいい鍋(布袋魚だから)として
売り出しているそうです。
宮古でも結構水揚げされるみたいですが、
食べる習慣がなく捨てられたりもするそうです。
しかし、食べてみると
意外や意外
全然くせがなく美味しいんです。
ぜひ宮古も新たな特産品として
売ればいいのにと思いました。