先日、黒森神社周辺を歩くエコウォークという
イベントを取材してきました。
黒森神社がある黒森山に驚くものがありました。
樹齢が数千年以上とも言われる二本の杉の木です。
御祖父杉(オジスギ)、御祖母杉(オバスギ)と呼ばれる
巨木で神霊が宿る木とされています。
SN3J0854
特に御祖父杉の方は
幹の中身が腐って空洞になっていて、
中に入ることができるんです!!
中に入ってみると木の中から空が見えました。
こんな体験は初めてで、感激しました。
SN3J0856
それにしても、木というものは
1000年以上も生き続けていると
そこには畏敬の念というか
神秘的な生命力を感じるものですね。