先日、カッターボートでタイムを競う
宮古の夏 恒例のイベント
宮古港カッターレースに出場しました。
私が参加したチームは「呉越同舟」
メンバーは宮古記者クラブや三陸鉄道
宮古市役所の広報担当の職員です。
katta1
呉越同舟は
毎年、参加していますが、
メンバーが転勤などで変わるため
いつもビリか下から2番目が定位置でした。
しかし、今年は違います!!
なんと、元宮古支局の新聞記者やテレビの記者が
3人も参加しました。
去年経験している人たちが参加するとは心強い。
今年はブービー賞を脱出できるぞと
士気も高まっていました。
しかし、レースは直前までハラハラさせられるものです。
朝寝坊をして、第一レースに出られなかった記者や
レース直前まで行方不明のメンバーがいるなど、
ハプニングもありました。
katta2
(岩手日報の及川記者が提供してくれました)
それでも、レースが始まると
今までで一番息の合ったオールさばきで
見事18チーム中9位で
準決勝進出を果たしました。
これまでレースのタイムは
5分を切ったことはなかったのですが、
3回漕いだベストタイムは4分52秒
いつもなら、夜は反省会なのですが、
この日は祝勝会となり、
みんな大喜びでした。