2月3日 節分の日、キャッセン大船渡で節分祭が開かれ、

そのステージに

大船渡市出身のヒップホップアーティストLAWBLOWが立ちました。

実は、今回はこれまでのステージとは違う点がありました。

メインボーカルのSTOCKさんが抜けて、

曲作りを担当していた菅原盾さん一人のステージでした。

一時は解散も考えたこともあるということでしたが、

菅原さんは、「俺は変わらない」と熱い気持ちを

曲に乗せて歌いあげました。

 

菅原さんが一人になってもLAWBLOWを続ける意味…

それは、3月上旬のニュースで放送したいと思います。

 

初めて生でライブをみましたが、

言葉の一つ一つが心に響いて、

本当に胸が熱くなるライブでした。

被災地のありのままを、

被災者の苦悩を、飾ることなく言葉にし、

そっと寄り添うような温かい言葉で

涙を流す人の姿も見られました。

LAWBLOWのすごさを感じましたし、

本当に菅原さんは素敵な方でした。

 

改めて放送日が決まりましたらお知らせします。
0203写真