3年ぶりのブログとなります。
千田剛裕です。
今月からまたよろしくお願いします。

岩手県代表として夏の甲子園に出場した
盛大附属の3回戦の取材で初めて甲子園球場に行きました。

自分自身も高校まで野球部に所属して甲子園を目指していたので
憧れの舞台を見たとき一瞬当時の記憶が少しよみがえりました。

そしてアルプススタンドからグラウンドに立つ盛大附属の選手たちを見て
必死にボールを追いかけ、バッドを豪快に振る姿が輝きを放っていて
これが聖地甲子園なんだなと実感しました。

試合は徳島代表の鳴門高校に惜しくも敗れてしまいましたが
盛大附属の攻撃力は多くの人に印象を残す戦いではなかったでしょうか。

選手のみなさんお疲れさまでした。
そして岩手に感動を届けてくれてありがとうございました。

人に感動や勇気を与えてくれるスポーツの魅力を
改めて感じさせられる取材でした。