埼玉から岩手に来て、2度目の夏が終わりました。

 

まだまだ新鮮なことばかり。

さまざまなところに足を延ばして、岩手の夏を満喫しました。

 

まずは、 盛岡さんさ踊り!

岩手を代表する夏の風物詩ですよね♪

ミスさんさをはじめ

大人から小さな子供たちも参加するパレードは

中央通りを約1キロ踊りつなぎます。

しなやかな踊りだけでなく、太鼓の力強い響きにも感動しました。

また中央通りだけでなく、

周辺も多くの屋台でにぎわっていて

街全体の盛り上がりを感じました。

 

さんさ踊りを浴衣姿でリポート!…したのですが夢中になってしまい、現地での写真は撮り忘れました…。

さんさ踊りを浴衣姿でリポート!…したのですが夢中になってしまい、現地での写真は撮り忘れました…。

そして続いては…

image3

「LIGHT UP NIPPON」の花火。

被災地の各地で上がる花火ですが、

大船渡市では

越喜来地区で行われた「オキライサマー2016」に合わせて

打ち上げられました。

image2 (3)

私はそのオキライサマー2016のMCを、米澤アナはニュースの中継を担当しました。

被災地に打ち上げられた花火。

それを見つめる人によってそれぞれ思いは違うと思いますが

夜空に咲く花と

それを見て感動している地元の人たちの姿を見て、

「東日本大震災のことをは忘れてはいけない」と改めて感じました。

 

さらに!…っとご紹介したいところなのですが

ほかにも岩手の夏の思い出はたくさんあり

長くなってしまいそうです…。

 

ですので、後日、

「岩手の夏②」に書くことにします。

 

そちらもどうぞ、ご覧ください!!!