“絆”。いい言葉ですよね。

2011年、東日本大震災があった年には

「今年の漢字」にも選ばれています。

 

今月2日・3日の2日間、

その“絆”という言葉が印象的な

「東北絆まつり2018盛岡」が開催されました。

 

絆まつりは、

復興の願いを込め、東日本大震災の翌年から始まった

「東北六魂祭」の後継イベント。

青森の「ねぶた祭」、

秋田の「竿燈まつり」、

開催地・岩手からは「さんさ踊り」、

山形の「花笠まつり」、

宮城の「すずめ踊り」、

福島の「わらじまつり」と

東北6県それぞれを代表する祭りが一堂に会し、

盛岡市の中心地をおよそ1.2km(往復で2.4km)をパレードしました。

 

めんこいテレビでは、

IATさん、IBCさんとタッグを組んで、

合同で特番をお送りしました。

放送は、

①午後0:15~54 IAT・MIT合同特番

②午後0:55~2:00 IBC・MIT合同特番

という感じ。

 

IMG_2664

 

①では、IATの照井七瀬アナウンサーと、

②では、IBCの川島有貴アナウンサーとスタジオMCを担当しました。

※IATさんとの特番OA後、すぐにIBCさんとの番組が始まってしまったため

照井アナウンサーとは写真を撮り損じてしまいました…。くううう…。

 

中継映像を見ているだけでも、祭りの迫力が伝わりましたよ~♪

どれも夏の祭りなので、期間が重複して、

いままで生で見に行けなかったという方も多いと思います。

華やかな祭りが勢ぞろいして、とても良い機会になりましたよね。

 

他局のアナウンサーとご一緒するということで、

慣れないことが多く、

放送の裏側もドタバタで祭りのようでしたが…!笑

 

来場者は約30万人!

個人的な意見ですが、多くのつながり、“絆”を感じられた祭りだったと思います。