映画「終わった人」、東京での撮影に参加してきました。

 

私は、舘ひろしさん演じる主人公が社長として働くことになるIT企業の若手社員の役。

2日間にわたってオフィスでのシーンが撮影され、私も他の役者の皆さんと同じようにメイクさんについてもらいました。

owattahito1

 

そして…なんとセリフも頂きました!!!舘さん相手に厳しい言葉を言い放ちます。

たった一言ですが、これが緊張(-.-;)

 

事前に中田秀夫監督からどんな気持ちで話すのか指導を頂いたものの、感情の吐き出し方が難しく迷いながら当日を迎えました。

 

いよいよそのシーンが近付くと、心臓の音が聞こえ、足はガクガク震え…

無事に本番が終わった後は少しクラッとしたほどでした(笑)

 

 

ちなみに、私の映画出演は中田監督とプロデューサーの方が盛岡文士劇の東京公演をご覧になったことがきっかけでしたが、その後普段の様子を見ていただいた時にも「役のイメージにぴったり」と言われていました。つまり、私は「気の強い女」と見られているそうです。(その通りか…笑)

 

シーンを終えて中田監督からは「義経、感服いたしました!」と声を掛けていただきましたが、今でも「あの演技で良かったのかな?」とソワソワします。

eiga

終わって安堵の表情

S__4898844

同僚役の方々と

***************************************

4月に岩手で始まった撮影。間もなくクランクアップです。

 

映画は、数えきれないほどの人が想像もつかないほどの時間をかけて、まさに“魂を込めて”作られていることを改めて実感しました。それぞれのプロフェッショナルがベストを尽くしながら数秒にかける姿はただただ圧倒されます。

地方局の一アナウンサーである私があの空間にいられたことは本当に有り難いことで、夢のような体験でした。関係者の皆さまに感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

映画の撮影の様子は、きょう9日(水)のミットみんなのニュースで放送します。米澤の頑張りも含めて、ぜひ見てくださいね(*^_^*)