番 組 表
HOME >第45回FNSチャリティキャンペーン2018年度緊急支援

第45回FNSチャリティキャンペーン2018年度緊急支援

第45回FNSチャリティキャンペーン2018年度緊急支援
※地図は参考のために掲載したもので、国境の法的地位について何らかの立場を示すものではありません。 第45回FNSチャリティキャンペーン2018年度緊急支援 ©UNICEF/UN0144601/Brown 第45回FNSチャリティキャンペーン2018年度緊急支援 ©UNICEF/UN062734/Nybo 第45回FNSチャリティキャンペーン2018年度緊急支援 ©UNICEF/UN0148170/Brown

ロヒンギャの問題は、決して新しいものではなく、ミャンマー独立以来続く問題です。これまでにも、78年、91年、2012年、2016年12月とロヒンギャの人々の国外流出は起こっていました。しかし、2017年8月に始まった今回の流出は、これまでの規模とは大きく異なります。数週間という短期間に、多くの人々が何日もかけて50~60kmの道を歩いてきていて、食料、水、住居や保護を必要としています。その数は、65万5,000人を超える新たな流出があったと言われています。

バングラデシュに逃れた人々のうち58%が18歳未満の子どもで、60%が女性(そのうち3%が妊婦、7%が授乳中の女性です)だとされています。すでにバングラデシュ国内にいた難民25万人と合わせると、コックスバザールには今およそ100万人が逃れ、さらにホストコミュニティに身を寄せる20~30万人を加えると、合計120万人が故郷から逃れて来ていると見られています。
もともとコックスバザールはバングラデシュ国内でも最も貧しい地域です。そこに新たに、大きな難民問題が降りかかりました。
過密状態の避難民キャンプや仮設住宅では、一人当たりのスペースも限られており、トイレに至っては1つを100人で共有しているような状況です。人口密度が高い場所では、このような衛生環境が整わない状況下では何千人の命を危険にさらす感染症や急性水様性下痢症などの蔓延も懸念されます。さらに、避難してきた子ども、受け入れ地域の子どもともに、暴力にさらされる危険が高くなり、性的いやがらせ、児童労働や児童婚を含む虐待、搾取、さらには人身売買に巻きこまれる危険もあります。

FNSチャリティキャンペーンでは、ユニセフと協力し、ロヒンギャ難民支援のために、『水と衛生』、『衛生』、『子どもの保護』、『保健』、『教育』、の分野で支援活動を進めていきますので、皆様のご理解とご支援をお願い致します。

募金方法
振込先

●銀行振込
岩手銀行 本店(普通)0863269
<口座名義 岩手めんこいテレビFNSチャリティキャンペーン係>

問い合わせ先

〒020-0866 盛岡市本宮5丁目2-25
岩手めんこいテレビFNSチャリティキャンペーン係
電話:019-656-3300

第44回FNSチャリティキャンペーンについてのご報告

(2017年4月1日~2018年3月31日)
2017年度のチャリティキャンペーンの支援国は「ボリビア多民族国」でした。県内各地のイベント、また、募金箱を通じ、皆様から 400,108円もの善意が寄せられました。ご協力に心より感謝申しあげます。

2017年度いわての学び 希望基金(東日本大震災支援)についてのご報告

(2017年4月1日~2018年3月31日)
県内の募金箱を通じ、皆様から 18,470円もの善意が寄せられました。
4/5付で、全額、岩手県の「いわての学び 希望基金」へ送金いたしました。
ご協力に心より感謝申しあげます。
また、ひきつづき、募金箱を、めんこいテレビ本社受付に設置しております。
皆様のご協力をお願い申しあげます。