番 組 表
スタートライン

岩手県内の企業人や文化人が登場

今ここに至るまでの半生の中で、出演者にとって転機となった場面“スタートライン”についてフォーカス。現在の仕事、岩手に対する思い、そして、これから“スタート”する人たちに向けてのメッセージをインタビュー。
普段とは違う素の表情も!?めんこいテレビアナウンサーが聞く。


2020年11月15日(日) ごご4時~放送

ジャズ喫茶ベイシー店主 菅原正二さん
ジャズ喫茶ベイシー店主 菅原正二さん
ジャズ喫茶ベイシー店主 菅原正二さん

1970年にオープンした一関のジャズ喫茶ベイシー。 マスターの菅原正二さんは、半世紀にわたり、いい音を追求し、レコードをかけ続けてきた。菅原さんの“音”が聴きたくて、海外からもジャズファンやオーディオマニアが訪れる。
カウント・ベイシーをはじめ、アニタ・オデイ、エルヴィン・ジョーンズなどジャズの大物たちに愛された菅原さんに、レコードやジャズ喫茶の魅力について聞いた。
また、菅原さんが尊敬する岩手の偉人、野村胡堂の記念館も訪ね、胡堂が集めたSPレコードのコレクションや蓄音機を見学した。菅原さんが幼いころに聴いた「音」とは・・・。“ジャズな人”菅原さんのスタートラインに迫る。


出演者

菅原正二(ジャズ喫茶ベイシー店主)
作山春香(野村胡堂・あらえびす記念館学芸員)

▲ページトップへ